ダイエット必須の痩せホルモン?!GLP-1とは?




こんにちは、美容コンサルタントの小野です。

同じ食事をしていても痩せやすい人、太りやすい人がいますよね。

代謝が高いかどうかも大切なんですが、

痩せやすい人と太りやすい人ではあるホルモンが多く出るのか

そうではないのかも関係があるんです☆

知識があれば賢くホルモンを利用してダイエットを効率良く進めることができます。

今回は、痩せホルモンについてご紹介していきますね!

痩せホルモンGLPー1とは何者?!

痩せホルモンの正体は、インスリンの分泌を促進するホルモンのことです。

食事をして、消化管の中に食べ物が入ってくると、
小腸からGLP-1が分泌され、その一部は、血液の中を流れて、すい臓に運ばれます。

すい臓にたどりついたGLP-1は「インスリンを出して!」と呼びかけます。

この呼びかけに応じて、すい臓からインスリンが分泌されると、血糖値が下がります

インスリンは血液中のブドウ糖を細胞に取り込ませ、

私たちのエネルギー源に変えてくれます。

つまり、食べてもすぐエネルギーとして変換されるので

体内に蓄積されず太らないということです。

痩せホルモンGLP-1の分泌量は個人差があります。

多く分泌されているもしくは分泌量を増やせば、太りにくい体になることができます。

また、血糖値の上昇を抑えるだけでなく、

満腹中枢を刺激して食欲を抑制する効果があります。

食欲を抑制できればダイエットも我慢せずに行えますよね。

どうやってGLPー1をたくさん出すの?

このGLP-1を出すために大事な食品と方法があります。

EPAを多く含む魚を取る

魚に含まれるEPAは痩せホルモンGLP-1を出す細胞を刺激してくれる働きがあります。

EPAとは、オメガ3というカテゴリーに分類される脂肪酸で、

体内で合成することができないため、食事などを通して外から補う必要がある成分なのです。

サバ・イワシ・アジ・サンマといった”青魚”に多く含まれています。

食物繊維の多い食事を摂る

GLP-1は食事に含まれる栄養素により刺激され分泌されます。

野菜や海藻などの食物繊維が多い食事をとると、

腸にあるGLP-1を分泌する細胞が刺激され、GLP-1が増えるそう。

食物繊維は、満腹感をもたらすだけでなく、食欲を抑制する働きがあります。

腸内の環境を整える

GLP-1は小腸の粘膜細胞から分泌されます。

しかし、腸内に老廃物が溜まっていたり、

しっかり腸のぜん動運動ができていないと痩せホルモンであるGLP-1は分泌されません。

食物繊維を摂っていたり、青魚もとっているのになかなか痩せにくいな

と感じた場合は腸内環境が乱れているかもしれません。

悪玉菌を増やす原因となる肉類を控え、

野菜と果物で2・3日デトックスを行い、

まずは腸の本来の働きを取り戻すことから始めてましょう。

発酵食品(納豆・味噌・ぬか漬け)を積極的に取り入れたり

乳酸菌のサプリを取り入れてみたりするのもお勧めです。

(ダイエット中のヨーグルトは実はダイエットに向かないのでやめましょう)

最後に

やみくもに食べるのを我慢する、気持ちでなんとかするのではなく、

自分の身体の状態をしっかり整えることがダイエットの一歩ですね。







あなたの悩みをお聞かせください

こちらではお電話でお話をお聞きしております。
・摂食障害
・ダイエット依存
・人生を変えたい方
・恋愛相談
・愚痴
・心のお悩み
・不安やモヤモヤ
などお気軽にご相談ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です