ダイエット中の停滞期を理解しよう!




こんにちは、美容コンサルタントの小野です。

今回はダイエットで必ずつきものである停滞期についてのお話です。

最初は順調に体重が落ちていっても途中から体重が落ちなくなる・・・

停滞期ってダイエットで頑張れば頑張っているほど苦しく感じますよね。

そんな停滞期もどういうものかを理解していれば

数字が動かないことだけにイライラしなくなります。

停滞期って何故起こるのか?

停滞期の原因である身体のセーフティー機能をホメオスタシスと言います。

ホメオスタシスとは?

身体の恒常性を維持するシステムのこと。

恒常性というのは身体の内部環境「自律神経系・内分泌系・免疫系」のことで

健康を支えている根幹のようなものです。

→つまり、ホメオスタシスとは
身体の状態を一定に保とうとする仕組みなのです。

そしてダイエットを行って急激に体重が減っていく事を感知して

「これ以上身体が体重を減らないように保つ働き」がホメオスタシスであり停滞期なのです。

ちなみにホメオスタシスは1ヶ月以内に体重の5%以上減量すると最大限に働いてしまいます。

そんな停滞期も、最長でも2週間。

それ以上変わらない場合は必ず食事内容を見直す必要があります。

停滞期を迎えた際に大切なことは淡々といままで通りの食事を続けること。

ここで無理をして余計に食べなくなったり運動すると

自分の中の無理が爆発して高確率で失敗するので継続することが一番重要です。

継続ができない一番の理由が

「本当にこの先体重が落ちるのだろうか?」という疑心暗鬼に陥ってしまうこと

停滞期はダイエットが順調にいっているときの身体の一時的な機能だという事を

理解すれば体重がまた落ちると信じられるため継続できますよね^^

体重の落ち幅が少なくなった時に

チートデイ(普段より糖質の摂取量を増やして脳をだます日)を

1日入れると体は騙されてまた体重が落ちやすくなります。

ただし、勘違いしないで頂きたいのが

チートデイとはなんでもかんでも爆食いしていいわけではありません。

普段置き換え食をしている人はその日置き換えをやめてみる、

一食あたりの糖質量を20gから30gに上げてみる・・・など

少しの変化で脳は騙せるので是非取り入れてみてくださいね。







あなたの悩みをお聞かせください

こちらではお電話でお話をお聞きしております。
・摂食障害
・ダイエット依存
・人生を変えたい方
・恋愛相談
・愚痴
・心のお悩み
・不安やモヤモヤ
などお気軽にご相談ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です